血か、死か、無か? Is It Blood, Death or Null?

森博嗣

777円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

イマン。「人間を殺した最初の人工知能」と呼ばれる軍事用AI。電子空間でデボラらの対立勢力と通信の形跡があったイマンの解析に協力するため、ハギリはエジプトに赴く。だが遺跡の地下深くに設置されたイマンには、外部との通信手段はなかった。一方、蘇生に成功したナクチュの冷凍遺体が行方不明に。意識が戻らない「彼」を誘拐する理由とは。知性が抽出する輪環の物語。

続きを読む

レビュー

4
26
5
7
4
13
3
6
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2019/05/24Posted by ブクログ

    前作、それから百年シリーズを読んでから間があいている上に、百年シリーズも女王の百年密室以外未履修なせいで、せっかくの「ぞくっとポイント」が、「(ここは多分)ぞくっ(ってなるはずだぞ、私)ポイント」に…...

    続きを読む
  • 2019/02/26Posted by ブクログ

    何を以て知性というか.少なくとも現状の定義で考えるなら,人工知能の方が人間よりよほど知性に富む.身体性と知性をキーに物語は突き進む.

  • 2019/01/08Posted by ブクログ

     人工知能やトランスファや人間と変わらないウォーカロンなどの登場で、機械と人間の差がどんどん無くなってきている状況。人工知能もシンギュラリティーを超えれば、自然と人間や他の生物のように、病気になったり...

    続きを読む
開く

セーフモード