ペガサスの解は虚栄か? Did Pegasus Answer the Vanity?

森博嗣

792円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    クローン。法律により禁じられている無性生殖による複製人間。研究者のハギリは、ペガサスというスーパ・コンピュータからパリの万国博覧会から逃亡したウォーカロンには、クローンを産む擬似受胎機能が搭載されていたのではないかという情報を得た。彼らを捜してインドへ赴いたハギリは、自分の三人目の子供について不審を抱く富豪と出会う。知性が喝破する虚構の物語。

    続きを読む

    レビュー

    3.9
    28
    5
    2
    4
    22
    3
    4
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/10/08Posted by ブクログ

      Wシリーズ第七弾。まだまだ物語は拡がりを見せる。今回は人間云々よりもウォーカロン中心なのかと思ったら結局は人間が中心な話。人工知能の方々が皆人間くさいというか人間以上に人間的魅力に溢れているというか。...

      続きを読む
    • 2019/09/28Posted by ブクログ

      ペガサスという新登場の(だよね?)人口頭脳とのやり取りから子供を産めるウォーカロンがいるかもしれないという情報を得て、ハギリ博士はアネバネと新護衛キガタを連れてインドの要人の館を訪れる。キガタが学習し...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2019/08/27Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード