ペガサスの解は虚栄か? Did Pegasus Answer the Vanity?

森博嗣

777円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    クローン。法律により禁じられている無性生殖による複製人間。研究者のハギリは、ペガサスというスーパ・コンピュータからパリの万国博覧会から逃亡したウォーカロンには、クローンを産む擬似受胎機能が搭載されていたのではないかという情報を得た。彼らを捜してインドへ赴いたハギリは、自分の三人目の子供について不審を抱く富豪と出会う。知性が喝破する虚構の物語。

    続きを読む

    レビュー

    3.9
    25
    5
    2
    4
    20
    3
    3
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/02/06Posted by ブクログ

      クローン。法律により禁じられている無性生殖による複製人間。
      研究者のハギリは、ペガサスというスーパ・コンピュータからパリの万国博覧会から逃亡したウォーカロンには、クローンを産む擬似受胎機能が搭載されて...

      続きを読む
    • 2018/12/25Posted by ブクログ

      明らかに,小説の形を取った生命の定義と未来の可能性を明文化した書で,重い.小説という虚構は,虚構であるからこそ小説たり得るので,今は小説だがそのうち小説ではなくなるのだろうな,と予感させる.""van...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2018/12/18Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード