アジアのディープな歩き方 (下)

著:堀田あきお

1,209円(税込)
ポイント 12pt

通常ポイント:12pt

ビルマ(ミャンマー)への旅を終えタイに戻った杉田クンは、まだまだ帰国する気は何もなく、次はメコン川を真っ赤に染める夕陽を見るため、皆が「何もない」と評するラオスを目指していた。ラオス、カンボジア、ベトナム――アジアの空の下で、旅人や現地に暮らす人々、そして少数民族と出会う旅を経て、杉田クンは少しずつ自分を発見していく……。読めば旅に出たくなる、アジア紀行マンガの金字塔!

続きを読む
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

4.4
5
5
3
4
1
3
1
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2011/11/14Posted by ブクログ

    図書館の漫画コーナーで何気なく手にとって読み始めたら止まらなかったので上下巻借りて読んだ。笑えたりホロッとさせられたり考えさせられたりした。私には1人でこんな旅はとてもできそうもないから、より憧れるの...

    続きを読む
  • 2010/05/17Posted by ブクログ

    下巻ですよ~。
    わかりやすく世界の縮図が漫画で描かれています。
    面白い部分や真剣に考えたくなる部分が沢山あります。

    Benzoはこんな感じの旅をしていました。

  • 2009/08/30Posted by ブクログ

    バックパッカーの行動原理や心理の描写が秀逸な名作漫画。本書をバンコクの紀伊国屋書店で立ち読みした日々が懐かしいです(っておい)。くだらない話も多いけれども、微笑ましい挿話が多く、正直泣けます。上巻はバ...

    続きを読む
もっと見る

セーフモード