【最新刊】水鏡推理(6) クロノスタシス

水鏡推理
6冊

松岡圭祐

734円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    大人気シリーズ第6弾! 【本シリーズはどの巻からでも読めます!】過労死のリスクを数値化して予防できる画期的新技術が、文科省研究公正推進室による最終評価段階を迎えていた。評価担当者・水鏡瑞希は周囲の反対を押し切り、財務省の若手官僚にまつわる実例を探る。ブラック企業並みの劣悪環境を野放しにする霞が関は変われるのか? 文科省官僚も注目する傑作ミステリー。

    続きを読む
    提供開始日
    2017/02/15
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    3.9
    131
    5
    22
    4
    77
    3
    30
    2
    1
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2019/03/05Posted by ブクログ

      中盤、瑞希はやけに子供っぽいし、父親はなんたかやたらと説教じみてるなと思いつつ読んでたんだけれど、こういう結末に落ち着けるためか、と腑に落ちた。前回より面白かった。浅村は絵に書いたような理想の上司像だ...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2019/03/05Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2019/03/05Posted by ブクログ

      過労死がテーマ。話はどんどん違う方に進んでいってどうなるのかな? と思っていたら、すごい展開になりました。自分も最初、いない虫が服の中に入ってきた気がしてパニックを起こしたり、カラスや鳩が怖くて道を通...

      続きを読む
    開く

    セーフモード