【最新刊】マンガ エニグマに挑んだ天才数学者 チューリング

マンガ エニグマに挑んだ天才数学者 チューリング

原作:フランチェスカ・リッチョーニ 漫画:トゥオノ・ペッティナート 訳:竹内薫

1,650円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

「エニグマ」とは、第二次世界大戦中にドイツ軍が使用した暗号機だ。解読不可能といわれた暗号機に対抗するため、巨大暗号解読器を開発し、戦争を終結させる。計算可能性理論を確立し、人工知能の父とも謳われる天才数学者とは、いったいどんな人物だったのか。 ※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、タブレットサイズの端末での閲読を推奨します。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能も使用できません。

続きを読む
ページ数
131ページ
提供開始日
2015/10/16
連載誌/レーベル
講談社電子文庫
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

  • 2020/07/07Posted by ブクログ

    ナチスドイツの暗号機械エニグマを解読したとして有名なチューリングに興味があり、読んだ。
    アラン・チューリングはイギリス人であり、その頭脳が認められてアメリカに渡る。アメリカではアインシュタインや、フォ...

    続きを読む
  • 2020/07/07Posted by ブクログ

    2015/4/24読了。
    日本の漫画は世界に誇れるものだというが、海外のものも負けていないと思う。特に、『デカルトの悪魔』やこのチューリングの本など、学問的なものを漫画で説明する本が多いような気がする...

    続きを読む
  • 2020/07/07Posted by ブクログ

    アラン・チューリングの人生史について描かれた漫画。
    本当、天才のさだめなのか、よく分からない人生を歩んだんだなと。こりゃ、映画にもなるわ。
    ホモなのはまあいいとして、白雪姫にいろいろと影響を受け過ぎな...

    続きを読む

セーフモード