よみがえる絶版本

黒崎亜弓/永江朗/黒木亮/島地勝彦/片山杜秀/今尾恵介/岡崎武志/週刊エコノミスト編集部

220円(税込)
1%獲得

2pt(1%)内訳を見る

    あまたと世の中に本が出てくる一方で、売れ行きが落ちれば、すぐに書店から消えていく。その先の本の運命は絶版だ。しかし、本当に本が好きな人たちの熱意と、電子書籍の発達などによって、この状況が変わりつつある。入手しづらくなった本を新たな形で読者へ届ける動きをリポートした。 本書は週刊エコノミスト2015年8月11・18日号で掲載された特集「よみがえる絶版本」の記事を電子書籍にしたものです。目 次はじめに・残し、読み継ぐ 復刊ビジネス最前線   「絶版」と「品切れ」はどこが違うか・インタビュー 島田潤一郎・夏葉社代表取締役・異業種からも参入続々 電子書籍は絶版を救うか・目利きの復刊リクエスト   時代の空気まで描く良書で戦後史をたどる=黒木亮   芸を尽くした名著よ、息を吹き返せ=島地勝彦   ナチスの背景、恐慌の帰着 時代を想像し今を見通す=片山杜秀   街歩き、文学散歩に最適 昔の風景が見える地図=今尾恵介・古本屋で大人気の絶版本 春陽文庫が売れる理由

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード