二宮翁夜話

著:二宮尊徳 訳:児玉幸多 著:小林惟司

1,815円(税込)
1%獲得

18pt(1%)内訳を見る

    実践的篤農家であり、国学・儒学・仏教に通じ農政哲学を追究する求道者でもある。そして一家、一村、一藩の財政再建にはリアルなプロ。尊徳翁、かく語りき。

    続きを読む

    レビュー

    4.5
    4
    5
    2
    4
    2
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/08/15Posted by ブクログ

      ”二宮尊徳氏の教えを、37歳年下の弟子・福住正兄氏が丹念に記録した語録集。善悪のない天道の営みを理解したうえで、人道を尽くすことの大切さを簡易な言葉で説いている。報徳・勤労・分度・推譲の4つの徳目をも...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2013/08/22Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2013/05/25Posted by ブクログ

      日本版論語。神道に儒教、仏教のエッセンスが合わさり形成された日本的思想に基づいた報徳経の思想はわかりやすく、すんなりと入ってくる。論語等古典を日本人の感覚に合うように取捨選択したうえで解説してくれるの...

      続きを読む
    開く

    セーフモード