【最新刊】ウロボロスの純正音律 (下)

ウロボロスシリーズ

6冊

竹本健治

1,012円(税込)
1%獲得

10pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    長編マンガの描き下ろしの依頼を受けた竹本は、“玲瓏館”の一室を借りて作業を開始した。怪しげな使用人たち。アシスタント陣。そして館に集まった錚々たるミステリ作家・評論家・編集者たちの面前で、突然『モルグ街の殺人』見立ての殺人事件発生! 一同は早速推理合戦を開始するが、真相に辿り着けないまま、第二の見立て殺人が起こってしまう。彼らは果たして犯人をつきとめ新たな凶行を阻止できるのか。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/06/14
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    3.6
    11
    5
    0
    4
    8
    3
    2
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/11/11Posted by ブクログ

      あまりにも奇想天外な展開で、このはちゃめちゃなストーリーをどう収束させていくのか、期待していたのですが……
       
      ドラえもんの夢オチ的な終わり方で、上下巻のこの長さまで引っ張って、こんな結末か~、とちょ...

      続きを読む
    • 2019/11/03Posted by ブクログ

      綾辻行人、島田荘司、新保博久、etc...
      あれ? どこかで聞いたことある名前だぞ?
      と思ったらみんなミステリ作品にかかわる人たち。
       
      綾辻行人といえば『十角館の殺人』で知られるミステリ作家。
      島田...

      続きを読む
    • 2019/05/03Posted by ブクログ

      『トランプ〜』に続き、竹本作品五作目。ウロボロスシリーズ、第一弾。マトリョーシカみたいな…でも、最終的にはブラックホールのような作品。これは一体なんだったのだろうか——。

    開く

    セーフモード