【完結済み】銃座のウルナ 1

銃座のウルナ

完結

著者:伊図透

759円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

彼女の名はウルナ・トロップ・ヨンク。遠い村から、辺境の地に赴任したスナイパー。彼女は、初めての戦場で、なにを知るのか…。第49回ちばてつや賞大賞受賞、第5回漫画アクション新人賞入賞を経て、『ミツバチのキス』『エイス』など、漫画シーンから熱い注目を浴びる意欲作を発表し続ける鬼才・伊図透が、そのすべての才能を込めて解き放つ、マージナルなイマジネーションに溢れたSF巨篇。新しい物語の始まりを“目撃”せよ!

続きを読む
ページ数
193ページ
提供開始日
2016/02/25
連載誌/レーベル
ビームコミックス
出版社
KADOKAWA
ジャンル
青年マンガ
  • 銃座のウルナ 全 7 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    銃座のウルナ 全 7 巻

    5,709円(税込)
    57pt獲得

レビュー

  • 2019/04/05Posted by ブクログ

    憎しみと、愛の深さが余りにも拮抗していたからかもしれないが、もしウルナが子を宿す女性と言う性別で無ければ、ウルナは生きる道を選んだだろうか。フェミニズムがヒステリックに叫ばれているが、互いが互いであり...

    続きを読む
  • 2017/10/25Klimt
    戦争を描きながらも素朴で透明感のある絵柄

    連載中の作品なので4巻時点での感想です。
    愛国心に溢れる若き女性兵である主人公が北方の戦地に向かうところから物語は始まります。戦争をテーマに描きながらも、主人公を含め女性たちのふくよかな身体の柔らかな...

    続きを読む
  • 2018/09/28Posted by ブクログ

    ウルナが銃を持っていたのは最初の3巻までくらい、狙撃手として武勲を上げた彼女が故郷に帰って来て、兵士ではなくなる部分が多いのだが、作品のタイトルが『銃座のウルナ』なのは、やはり彼女はまた、銃を取らなけ...

    続きを読む
開く
[{"item_id":"A001615579","price":"759"}]

セーフモード