ガガガ文庫 マージナル2(イラスト完全版)

神崎紫電(著)/kyo(イラスト)

649円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    第一回小学館ライトノベル大賞受賞作、ついに続編登場――世間を騒がせた連続バラバラ殺人事件が解決されていないのに、私・宇佐美風香の住む月森市では、またも凄惨な事件が起こった。今度は撲殺だという。でも、私には陰鬱な気持ちが吹きとぶような出来事があった。小さかった頃、仲良しだった“きょーちゃん”こと摩弥京也に、偶然の再会を果たしたのだ。突然の転校から約7年。久しぶりに会った彼は、底ぬけに明るかったかつての面影をなくしていたけれど。せっかくだからと二人で向かった美術館で、彼は私の知人に失礼な振る舞いをしはじめた……。なにがあったの、きょーちゃん? ※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

    続きを読む
    • マージナル 全 6 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      マージナル 全 6 巻

      3,872円(税込)
      38pt獲得

    レビュー

    • 2008/04/05Posted by ブクログ

      殺人とかグロとかそんなに好きじゃないというか苦手なんだけど、これは結構面白かったですね。どこがというとちょっと具体的には出てこないんだけどさ。
      境界人間のの京也が御笠への殺意を必死に押さえ込もうとする...

      続きを読む
    • 2017/02/19Posted by ブクログ

      ブラッディ―ユートピアみたいなサイトがあったら、一回覗いてみたい。
      だからこその一見さんはお断りなんだろうけど。
      結局、マージナルっって言うのは自ら手を下した者であって、間接的であれば一線を越えたとは...

      続きを読む
    • 2017/02/19Posted by ブクログ

      ヴェルツェーニに犯罪に関して黙認を要求するクロウメモドキの要求も勇気がある。
      クロウメモドキの正体に関しては聖書の内容をちらっとでも知っていればすぐにわかる。
      殺害方法とかまんまでフェイントかと疑った...

      続きを読む
    開く

    セーフモード