私闘学園(9) その後の私闘学園

著:朝松健 著:島本和彦

486円(税込)
ポイント 4pt

通常ポイント:4pt

数多くの伝説を生みだしたドタバタ熱血青春格闘技小説、堂々の完結! 格闘技同好会は“全日本高校生武道トーナメント無差別級”において、ブロック戦まで勝ち進んだ。次なる相手は博多大学付属高校山笠部。山車を担いだまま力まかせに押し寄せてくるという恐るべき格闘技である。我らが格闘技同好会は山笠に勝って決勝戦へと進み、宿敵・大犯土学園武芸部と対戦できるのか? 青春のすべてを闘うことに燃やした若者たちの伝説、遂に完結。熱血青春格闘技小説、第九弾。 島本和彦の表紙・挿し絵を完全収録して、ついに電子書籍で復刊!●朝松 健(あさまつ・けん)1956年札幌生まれ。東洋大学卒。出版社勤務を経て、1986年『魔教の幻影』でデビュー。ホラー、伝奇など、幅広い執筆活動を続けている。2006年『東山殿御庭』が第58回推理作家協会賞短編部門の候補となる。近年は室町時代に材をとった幻想怪奇小説〈室町ゴシック〉、一休宗純を主人公とした〈一休シリーズ〉、妖怪と人間との心温まる交流をユーモアたっぷりに描いた〈ちゃらぽこ〉ほかの妖怪時代コメディなどを発表している。

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

セーフモード