【最新刊】嫉妬をとめられない人(小学館新書)

嫉妬をとめられない人(小学館新書)

1冊

片田珠美

858円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    嫉妬深くて攻撃的な人に、どう対処すべきか。「以前は仲の良かった同僚が、最近は口をきいてくれない」「なぜか自分にだけ、激しく攻撃してくる先輩がいる」「成果を上げているのに職場で孤立していると感じる」こんなふうに感じたら、あなたのすぐそばにいる、“他人への嫉妬がとめられない人”が何か企みをめぐらせているせいかもしれません。精神科医である著者は、「嫉妬は、自分の立場を脅かしかねない者に抱きやすく、閉鎖的な人間関係で起こりやすく、近い関係であるほど激化しやすい」と述べています。あなたに攻撃的だったり、冷淡であったりする人が当てはまっていたら、危険です。それでは、嫉妬されないためにはどうすればいいのか、嫉妬深い人に攻撃されたらどう対処すべきか、本書で詳しく解説します。 また、あなた自身が嫉妬心を抱いてしまったらどうすべきかについても、著者自身の経験を交えて、方法を明かします。さらに、実在の科学者や経営者、芸能人などが関係するいくつかのケースを取り上げて分析し、嫉妬深い人がどういう人で、どんな影響を周囲に及ぼすか、詳細に説明します。どんな人も逃れられない嫉妬の感情。その正体を知れば、「不測の事態」も回避できるはずです。

    続きを読む
    提供開始日
    2015/10/06
    連載誌/レーベル
    小学館新書

    レビュー

    3.7
    4
    5
    1
    4
    1
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/11/20Posted by ブクログ

      実際にニュースになった事例を基に分析していて、読みやすい。もともと性善説の持ち主ではないので特に驚くこともなく、むしろ妙に納得しながら読んでいます。
      本のテーマは嫉妬ですが人の心は複雑であること、自分...

      続きを読む
    • 2017/11/07Posted by ブクログ

      期待していた内容とはだいぶ違ったものかなり面白い。文章のテンポが良く、どことなくワイドショー的な内容でこれはこれでなかなかいい。気がついたら最終章まで一気に読んでしまいました。

    • ネタバレ
      2017/08/27Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード