【最新刊】禁裏付雅帳 九 続揺

禁裏付雅帳

9冊

著:上田秀人

726円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    朝廷対幕府。権力争いに巻き込まれた若き禁裏付の運命は!?大人気シリーズ、待望の第九弾!禁裏付役屋敷に押し込み捕縛された南條蔵人は、身柄を京都所司代に移された。二条大納言に動揺が走る。彼を裏で操っていたことが露見すると禁裏での立場が危うくなるからだ。家宰に蔵人奪還を命じるが、朝廷の弱みを握りたい老中松平越中守は動きを察知し、対抗策をとる――。朝幕の政争が激化し、きな臭さは増すばかり。そんな中、禁裏付の東城鷹矢は驚きの一手を打った。その真意とは!?

    続きを読む
    提供開始日
    2019/10/09
    出版社
    徳間書店
    ジャンル
    歴史・時代

    レビュー

    3
    10
    5
    1
    4
    1
    3
    6
    2
    1
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2019/06/26Posted by ブクログ

      思わせぶりな先頭集団はあっけなく散った
      上田先生のシリーズは10冊程度に治めるから
      そろそろ片付けに向かうのか?
      ゴールが見えなかった両巨頭の思惑だったが
      コレが本当の狙いだ!って幕引きかしらん

    • 2019/03/09Posted by ブクログ

      第五弾
      敢えて罠にはまった近江行、第一波の撃退したものの、逢坂の関に水戸の第二段が
      危機を救った温子、しかし運命を狂わされた父親が

    • 2019/03/09Posted by ブクログ

      第四弾
      朝廷の秘密を探るうち、錦市場での騒動に、これは市場を統合しようとする奉行所与力を含めた策謀

    開く

    セーフモード