京都ぎらい 官能篇

井上章一

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    あの古都は、まだとんでもない知られざる歴史を秘めている。京都が千年「みやこ」であり続けた秘密は「京おんな」。その惑わす力で権力者をからめとってきた朝廷。人生をくるわせるほどの女性を生む魔性の舞台装置としての京都。日本史の見方が一変する一冊!

    続きを読む

    レビュー

    3.4
    10
    5
    1
    4
    3
    3
    5
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/06/01Posted by ブクログ

      このシリーズは面白いが、今回は正直「京都ぎらい」をテーマとする本ではなく、京都でその昔展開された色恋の話をあれこれ提示している。一つ一つのエピソードは面白いが、まとまりに欠ける感がある。とはいえ、後半...

      続きを読む
    • 2019/02/18Posted by ブクログ

      京都の、都だった時代の京の別の姿を教えてもらいました。やはり美女には敵わない。それが政治システムに組み込まれていたのが興味深かった。

    • 2019/01/02Posted by ブクログ

      京都の歴史を見るときに「性」の視点も入れてみては?
      という著者の提言。
      「美人力はけっしてあなどれない」というのが前提にある。

      あくまで著者の提言だから、
      推論を交えて言いたい放題の感じは否めない。...

      続きを読む
    開く

    セーフモード