消える?年功賃金―週刊東洋経済eビジネス新書No.128

編:週刊東洋経済編集部

220円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「『働かないおじさん』は給料ばかり高い」と、叩かれることも多い年功賃金制度が日本企業から消えつつある。しかし変わって登場した「成果主義」も成功したとは言えない。次に登場したのが「役割給」だ。 日本の賃金制度はどこへ向かうのか?電機業界の事例や海外の報酬制度、「アジア年収データ全比較」などから日本の会社の将来を見ていこう。本誌は『週刊東洋経済』2015年5月30日号掲載の18ページ分を電子化したものです。●●目次●●成果主義が総崩れしたワケ40代以上は賃金がフラット化海外のジョブ型雇用慣行の採用、報酬の仕組みを全公開ブラック企業の特徴は、日本型と欧米型の混用にあり電機業界に見る人事改革のうねり外資はどうしているか?18職務 アジア年収データ全比較誤解だらけの「残業代ゼロ法案」Interview 「『残業代ゼロ』と考えるのは間違っている」大内伸哉/神戸大学教授Interview 「多様な働き方を導入しないと世界との競争に負ける」橘・フクシマ・咲江/経済同友会前副代表幹事

    続きを読む

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビューを投稿する
    [{"item_id":"A001569353","price":"220"}]

    セーフモード