ジェリコ街の女

コリン・デクスター/大庭 忠男

880円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    モース警部がジェリコ街に住む女アンに出会ったのは、あるパーティの席上だった。すっかり意気投合した二人は再会を約すが、数ヶ月後、彼女は自宅で首吊り自殺を遂げた。はたして本当に自殺なのか?モースにはどうしても納得がいかなかった。やがてアンの家の近所で殺人事件が起こるにおよび、モースの頭脳はめまぐるしく動き始めた。前作に続き英国推理作家協会賞シルヴァー・ダガー賞を連続受賞した傑作本格ミステリ

    続きを読む
    • モース主任警部 全 13 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      モース主任警部 全 13 巻

      11,440円(税込)
      114pt獲得

    レビュー

    • ネタバレ
      2013/05/25Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2018/05/31Posted by ブクログ

      「ウッドストック行き最終バス」を読んでから、10年ぶりくらいのモース警部ではないだろうか。長いこと積んでしまった。

      モースという人物にイライラしたり、早く解決しろとモヤモヤする方は、肌に合わないだろ...

      続きを読む
    • 2013/10/08Posted by ブクログ

      モース警部、二作目。
      モース警部の推理爆弾(?!)がいたるところで爆発。
      やっぱり笑いながら読む本でした。
      そう割り切って読み続ければこのシリーズも納得。

      それにしても女好き、酒好きで相棒ルイスにと...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001577521","price":"880"}]

    セーフモード