ふつつか者の神ですが

完結

宝井さき

693円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

会社員の響也は、「視える」体質のせいで道に蹲っていた小汚い神様を見つけた。最初は、貧乏神だという神様を無視していた響也だが、「この百年、誰にも見つけてもらえず寂しかった。だから絶対離れない」と言われ、しつこくつきまとわれる羽目になってしまう。その途端、次々と不幸に見舞われはじめるが、無邪気にはしゃぐ貧乏神をどこか放っておけず、受難の日々をおくる響也。そんなある日、瞳と名付けた貧乏神をお風呂に入れて綺麗に洗ったところ、現れたのは絶世の美形で…!?

続きを読む
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

レビューを投稿する
[{"item_id":"A001569102","price":"693"}]

セーフモード