幻影博覧会  4巻

完結

冬目景

600円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    大正時代、東京。探偵・松之宮の助手・真夜は優秀だがどこか謎めいている。そんな真夜を、外国暮らしで離れていた両親が迎えに来た。松之宮探偵事務所を離れる日は迫るが、真夜は松之宮へ別れをなかなか切り出すことができずにいたが、とうとう真夜は両親とともに旅立つことに。しかし迎えに来た両親は偽者だった。しかも真夜を松之宮に紹介した藤枝博士も、松之宮の恩師などではなく……!?

    続きを読む
    • 幻影博覧会 全 4 巻

      未購入巻をまとめて購入

      幻影博覧会 全 4 巻

      2,400円(税込)
      24pt獲得

    レビュー

    3.2
    4
    5
    0
    4
    1
    3
    3
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2012/06/22Posted by ブクログ

      3巻を飛ばしちゃったけど読んじゃいました。連載が2011年の3月号で終わりだったようで、3/11の震災の時逃げ込んだネカフェで「イエスタデイをうたって」に出会ったのが冬目景のマンガとのなれそめなので、...

      続きを読む
    • 2012/03/01Posted by ブクログ

      冬目景先生の恋愛の描写は好きなのだが、この作品では邪魔な要素でしかならない。と言っても踏み込んでいるわけでもないので、気にしなければそれはそれで楽しめました。

      しかし、ミステリーの部分では、前巻まで...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2012/02/28Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード