小説現代 2020年 9月号

講談社

999円(税込)

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    [特集] 真夏の夜の悪夢 超怖い物件――そこに住んではイケない。 ・大島てる 「倒福」・福澤徹三 「旧居の記憶」・糸柳寿昭 「あつまれ 怪談の日記」・宇佐美まこと 「氷室」・花房観音 「たかむらの家」・神永学 「妹の部屋」・澤村伊智 「笛を吹く家」・黒木あるじ 「牢家」・郷内心瞳 「トガハラミ」・平山夢明 「ろろるいの家」 「こんな話は、頭で考えても作れない」執筆者の一人はこう語る――。土地に張り付いた怨念は消えない。実話怪談の怖さを味わえる最恐の十編。[現代ビジネス×小説現代 戦後75年共同企画] 「戦争を書くこと、語ること」 特別鼎談 真藤順丈×深緑野分×小川 哲 沖縄×ベルリン×カンボジア 想像力は境界を超える ノンフィクション対談 石戸 諭×辻田真佐憲 新しい「国民の物語」を作るために [『宝島』外伝シリーズ]真藤順丈 五つ目の石 [特別企画2]・大塚 愛 小説家デビュー 特別インタビュー どんなに暗くとも、どんなに重くとも、小説なら受け止めてもらえる ・大塚 愛 「開けちゃいけないんだよ」 [シリーズ]・赤神諒 「梟の眼」 [特別企画3]シリーズ完結+文庫化記念!前代未聞の鬼斬り花魁ファンタジー 「Cocoon」を徹底解説! ・声優・坂本真綾さん 「Cocoon」スペシャルPV収録現場 ・「Cocoon」シリーズ内容紹介・キャラクター紹介 ・「Cocoon」外伝 お恋狸のぽんぽこ珍道中 ・著者・夏原エヰジ、「生と死」を感じる古都へ [読み切り]・三浦しをん 「熱く甘く満たすもの」 [エッセイ]・岸田奈美 「飽きっぽいから、愛っぽい」 ・酒井順子 「人はなぜエッセイを書くのか~日本エッセイ小史~」 ・後藤拓実(四千頭身) 「これこそが後藤」 ・新井見枝香 「きれいな言葉より素直な叫び」 ・藤谷 治 「小説から聴こえる音楽」 [コラム]・〆切めし 倉井眉介 ・武田砂鉄 「もう忘れてませんか?」 [漫画]・益田ミリ 「ランチの時間」 ・ジェントルメン中村 「ようこそ! アマゾネス☆ポケット編集部へ ―NOW―」 [書評]・書評現代 青戸しの・三宅香帆・田口幹人・高橋ユキ ・読書中毒日記 出口治明 ・今月の平台 ※電子版では紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページがあります。

    続きを読む
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビューを投稿する
    [{"item_id":"A002434296","price":"999"}]

    セーフモード