陽だまりの樹 【手塚治虫文庫全集】 2巻

手塚治虫

864円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

    蜷屋(になや)の大旦那・膳右ヱ門(ぜんえもん)が、痘瘡にかかっていることが発覚する。緒方洪庵(おがた・こうあん)の命により手塚良庵(てづか・りょうあん)は、膳右ヱ門の養女・お品(しな)をはじめ、店の者全員に種痘を受けさせ、感染を防ぐべく努力していた。安政三年七月、通商使節としてアメリカから下田に、ハリスと彼の通訳のヒュースケンがやってきた。日本との交渉が難航し、過労で倒れたハリスは、ヒュースケンの愛人のお吉(きち)を専属の看護師として雇うことに……!! <手塚治虫漫画全集収録巻数>手塚治虫漫画全集MT328~329『陽だまりの樹』第3~4巻収録 <初出掲載>1981年4月25日号~1986年12月25日号 ビッグコミック連載

    続きを読む
    • 陽だまりの樹 【手塚治虫文庫全集】 全 6 巻

      未購入巻をまとめて購入

      陽だまりの樹 【手塚治虫文庫全集】 全 6 巻

      5,184円(税込)
      51pt獲得

    レビュー

    0
    0
    5
    0
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2012/08/18Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています

    セーフモード