きりひと讃歌 【手塚治虫文庫全集】 2巻

完結

手塚治虫

756円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    モンモウ病に罹患し外国をさすらっていた桐人(きりひと)は、かつての恩師・竜ヶ浦(りゅうがうら)教授の裏切りを知った! 急ぎ帰国した桐人は、いまや野望をとげ、日本医師会会長の座を手に入れた竜ヶ浦に復讐を誓う! 竜ヶ浦の陰謀の証拠とモンモウ病の正体を発表した桐人の運命は……!? 医学会の権力闘争と人間の尊厳を描いた感動のヒューマン・ドラマ、堂々の完結編! <手塚治虫漫画全集収録巻数>MT33『きりひと讃歌』第3巻収録 MT34『きりひと讃歌』第4巻収録 <初出掲載>『きりひと讃歌』 1970年4月10日号~1971年12月25日号 ビッグコミック連載

    続きを読む
    • きりひと讃歌 【手塚治虫文庫全集】 全 2 巻

      未購入巻をまとめて購入

      きりひと讃歌 【手塚治虫文庫全集】 全 2 巻

      1,512円(税込)
      15pt獲得

    レビュー

    4.6
    5
    5
    3
    4
    2
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/06/24Posted by ブクログ

      下巻。
      桐人の復讐はひとまず達成された。が、顔が変わるわけでもなく、モンモウ病患者の外見を背負いながら、自分を必要としてくれる人たちのいる場所へ帰っていく…。

      権力の亡者の竜ヶ浦教授とは正反対に、出...

      続きを読む
    • 2011/09/17Posted by ブクログ

      今までに読んだ手塚治虫さんの作品の中で一番印象に残っています。一番好きかも。結末は思っていたほど悪いものではなかったので安心しました。
      一抹の虚しさのようなものが胸に残ります。名作。

    • 2011/07/10Posted by ブクログ

      あれ、思っていた結末と違いますねぇ。
      違うマンガとまざっているのかな?

      わたしの以前読んだ記憶だと、竜ヶ浦先生は、「それでも、わしは、自分の見立てを信じる」みたいなことをいって、自分の選んだ治療法を...

      続きを読む
    開く

    セーフモード