【完結済み】きりひと讃歌 【手塚治虫文庫全集】 1巻

きりひと讃歌 【手塚治虫文庫全集】
完結2冊

手塚治虫

756円(税込)
ポイント 7pt

通常ポイント:7pt

奇病「モンモウ病」の原因究明のため、小山内桐人(おさない・きりひと)は犬神沢へとわけ入った。そこで彼が見たものとは? そして、彼を巻き込んだ陰謀とは!? とうとうモンモウ病に蝕まれ、容貌の変わった桐人は、異国を放浪し続ける……。一方、日本では竜ヶ浦(りゅうがうら)教授の野望が着々と進行していた! モンモウ病は、はたして伝染病なのか? 現代社会の病巣をするどくえぐる、衝撃のヒューマン・ドラマ! <手塚治虫漫画全集収録巻数>MT31『きりひと讃歌』第1巻収録 MT32『きりひと讃歌』第2巻収録

続きを読む
ページ数
410ページ
提供開始日
2015/10/30
連載誌/レーベル
手塚治虫文庫全集
  • きりひと讃歌 【手塚治虫文庫全集】 全 2 巻

    未購入巻をまとめて購入

    きりひと讃歌 【手塚治虫文庫全集】 全 2 巻

    1,512円(税込)

レビュー

4.3
9
5
3
4
6
3
0
2
0
1
0
  • 2016/04/24Posted by ブクログ

    外見が犬でありながら人として生き続ける小山内。 女たちは必ず彼を愛した。 人でありながらゆがんだ願望を押し通す竜ヶ崎。 すべての権力と権威も地に落ちて孤独に死んでいく。 歪んでいない欲望はあるのか。...

    続きを読む
  • 2013/08/04Posted by ブクログ

    原因不明の病気と、それを取り巻く人間たちのドラマ。 かなりシリアスな作品。手塚治虫の、医学に関する深い知識と高いプライドが感じられる。

  • 2011/09/17Posted by ブクログ

    今までに読んだ手塚治虫さんの作品の中で一番印象に残っています。一番好きかも。結末は思っていたほど悪いものではなかったので安心しました。 一抹の虚しさのようなものが胸に残ります。名作。

もっと見る

セーフモード