五十年目の零戦

鳴海 章

594円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

    昭和20年8月16日、厚木海軍航空隊基地から、2機の零式艦上戦闘機が飛び立った。目的地は十勝の秘密基地。徹底抗戦を表明した航空隊司令の密命を受け、“そのとき”がくるまで機体を温存するためだった。しかし戦闘飛行に出ることなく、機体は十勝平野の片隅で眠りつづけることになった。―それから50年、ひとつの夢を共有する男たちの手で、零戦再生計画が動きはじめる。本格航空小説。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード