劫火 航空事故調査官

鳴海 章

605円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    名古屋空港で、トランス・エイジアン航空機が着陸に失敗、炎上。現場に向かった新聞記者上沢広之は、事故原因の解明に執念を燃やす。航空事故調査官神野史郎との駆け引き。ボイスレコーダーで甦る機長と副操縦士の会話―真実はどこにあるのか。航空事故における国際的な暗面と、破滅に向かう人間の深層心理に迫る長編。

    続きを読む

    レビュー

    • 2018/04/11Posted by ブクログ

      本書は1994年に名古屋空港で着陸に失敗した中華航空140便をテーマに鳴海章氏が書下ろしたものである。この事故はグラスコクピットを持つハイテク航空機のコンピュータによる制御に対するエアバス社の考え方を...

      続きを読む
    [{"item_id":"A001568625","price":"605"}]

    セーフモード