【最新刊】失敗の本質

失敗の本質

戸部良一/寺本義也/鎌田伸一/杉之尾孝生/村井友秀/野中郁次郎

825円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    敗戦の原因は何か? 今次の日本軍の戦略、組織面の研究に新しい光を当て、日本の企業組織に貴重な示唆を与える書。ノモンハン事件、ミッドウェー作戦、ガダルカナル作戦、インパール作戦、レイテ沖海戦、沖縄戦という大東亜戦争における6つの作戦の失敗の原因を掘り下げ、構造的問題と結びつけた日本の組織論の金字塔。

    続きを読む
    提供開始日
    2015/09/30

    レビュー

    • 2017/06/19Posted by ブクログ

      2015年8月再読
      大艦巨砲主義に固執しすぎた帝国海軍と、銃剣突撃主義に固執しすぎた帝国陸軍。
      彼らは、適応しすぎて特殊化してしまった。これは新しいことを学習しようとしない硬直性を招いてしまった。
      ...

      続きを読む
    • 2009/10/19Posted by ブクログ

      本書は歴史の専門家と組織論、社会学の専門家6名がそれぞれの英知を結集し、組織論の側面から数々の無謀とも思える勝算の低い作戦がどのようにして策定、意思決定され、そして実施されていったかを検証したものであ...

      続きを読む
    • 2008/07/06Posted by ブクログ

      本書は第二次世界大戦において、日本軍がなぜ敗北したのかということについて分析した本。

      日本軍という組織のbureaucraticな点に焦点を当て分析しており、なぜ組織は同じ失敗を犯してしまうのかとい...

      続きを読む
    開く

    セーフモード