七日の喰い神4

カミツキレイニー(著)/nauribon(イラスト)

712円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    六花のマガツカミを巡る戦いの終結!「何度言ったらわかるの? わたしは六花じゃない--!」大事にしていたウミネコのサキちゃんに逃げられ、傷心のラティメリア。七日とのやりとりもすれ違う一方で、“六花のマガツカミ”を巡るプロジェクトは最終局面を迎えようとしていた。祈祷士協会解散を目論むGHQと、「最後の切り札」を楯に祈祷士たちを利用し、自らの悲願を遂げようとする紙燭龍之介。すべての六花のマガツカミを集め、紙燭龍之介が成し遂げようとしていたことは、過去に囚われたおぞましい計画だった--。運命と策謀に導かれ、ついにラティメリアたち「六花のマガツカミ」は集結する。マガツカミにその身をすべて喰われ、それでも六花が望んだこととは。そして、六花が最後に生んだマガツカミ、ラティメリアの想いは。そして七日は--。「決めた。私は、人間を喰うわ」七日とラティメリア--人間と喰い神。彼らの戦いは終わり、雪はすべての者に等しく降り続く。シリーズここに完結!※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード