【最新刊】くるみ割り人形とねずみの王さま/ブランビラ王女

くるみ割り人形とねずみの王さま/ブランビラ王女

ホフマン/大島かおり(訳)

1,309円(税込)
1%獲得

13pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    クリスマス・イヴに贈られたくるみ割り人形。その導きで、マリーは不思議の国の扉を開ける…… 珠玉のメールヘン「くるみ割り人形とねずみの王さま」。役者ジーリオとお針子ジアチンタの恋を軸にして巻き起こる騒動。奔放な想像力が炸裂する「ブランビラ王女」。ホフマン円熟期の傑作2篇を収録。(解説・識名章喜)

    続きを読む
    提供開始日
    2015/09/25
    連載誌/レーベル
    光文社古典新訳文庫
    出版社
    光文社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    レビューコメント(6件)
    • くるみ割り人形と...
      2018/12/09

      『くるみ割り人形とねずみの王さま』
      言わずと知れたクリスマスのメルヘン。
      こんな空想をしていたなあ、とか、こんなお菓子の町は憧れだったよね、とか、とにかく楽しい作品。
      深読みをすると、マリーは現実の世...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • くるみ割り人形と...
      2018/01/22

      「くるみ割り人形」は言うまでもなく、有名なバレエ曲にもなったクリスマスの定番。「ブランビラ王女」は、恥ずかしながら題名も初めて聞いた。どちらも視点があちこちにさまよう凝った構成になっていて、とても楽し...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • くるみ割り人形と...
      2018/10/12

      「ブランビラ王女」ローマの話。まずジャック・カロという版画家がいてその人の作品から着想を得て話を作ったそうな。似たような構図の作品が挿し絵として挿入されてるのだが、これがイイ。挿し絵としては変わった雰...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード