【最新刊】生身の暴力論

生身の暴力論

1冊

久田将義

715円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    人はなぜ暴力を振るうのか。人を殺すと眠くなるというのはどういうことなのか。暴力団、関東連合、ヤクザ、暴走族…… アウトローたちの取材を重ねてきた著者ならではの暴力論。新時代の暴力としてネット上での言葉の暴力や動画公開が増えている現状、「1980年代型殺人事件」としての「川崎市中学生殺人事件」など、さまざまな角度から、今そこにあるリアルな「暴力」について論ずる。(講談社現代新書)

    続きを読む
    提供開始日
    2015/09/25
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    3.5
    7
    5
    2
    4
    2
    3
    1
    2
    2
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2020/01/05Posted by ブクログ

      殴られたくないし、殴りたくもない。言われたくないし、言いたくもない。今の世の中予期せぬとんでもない事が、身に降りかかる恐れがあるりますよね。(確かに昔もあったけど・・・・)
      自分も含めて、みんな本当に...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2016/03/27Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2016/02/16Posted by ブクログ

      暴力に対処するヒントが満載だ.非行少年がデビューする時期が,その後の行動のレベルに大きく影響するという議論が面白かった.ネットでの暴力はこれまでの対処方法とは異なる発想が必要だ.

    開く

    セーフモード