【最新刊】日本酒の科学 水・米・麹の伝統の技

日本酒の科学 水・米・麹の伝統の技

和田美代子 監修:高橋俊成

1,188円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    日本酒はワインではありません。日本酒なのです。なにを言っているかって。それは醸造法がわかれば納得。仕込みのときに自然の乳酸菌の増殖を待つ、昔ながらの「生もと」の酒は格別だという。日本酒のことがわかると、今宵の酒も一味ちがってくるにちがいない。(ブルーバックス・2015年9月刊)

    続きを読む
    提供開始日
    2015/09/25
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    • 2020/01/21Posted by ブクログ

       章ごとに、あぁ、日本酒飲みたいって気持ちになる本。
      製造工程、米の種類、酵母の違い、水の違い、清酒の種類など、章ごとにテーマを絞って日本酒のことが魅力的に語られ、その違いを感じながら日本酒を楽しんで...

      続きを読む
    • 2017/05/25Posted by ブクログ

      図書館で借りて一読後、Kindle版購入

      日本酒の作り方…醸し方かな…を知りたくて、いろいろと探した中で、最も内容の濃くわかりやすい本の様に思います。
      ただ章立てと具体的内容に、違和感があって…先を...

      続きを読む
    • 2020/07/12Posted by ブクログ

      日本酒の科学に酔い痴れる。

      酒は理屈ではない、美味ければそれでいいとはいいけれど。古来の技術と伝統とバイオテクノロジーの融合、国の財産ともいうべき麹菌、流通技術の進歩のおかげで、より手軽によりバラエ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード