【最新刊】この禁じられた愛に

この禁じられた愛に

池戸裕子

942円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

戦後、利権争いを繰り広げ対立してきた三条と葵の二大企業。その次期頭首として、生まれ落ちた瞬間から競い合ってきた三条雅人と周防久仁彦は、8月の避暑地で偶然出会う。心臓の音が聞こえそうなほどの静けさの中、急速に距離を近づけていく二人。そしてついに越えてはならない一線を越えてしまう。見つめ合い、口づけを交わすだけで火照り歓喜に震える二人の体は、驚くほどの早さで熱く昂まり…。憎しみ合う運命の歯車が、いま動き始める。

続きを読む

本作品には、一部過激な表現・描写が含まれていますので、ご購入はご自身の判断と責任において行ってください。

提供開始日
2015/09/18
連載誌/レーベル
カクテルキス文庫

レビュー

レビューコメント
  • この禁じられた愛に

    電子にて☆スピンオフ読んだ後元のこちらを。こっちは昼メロ展開で、私好みでしたね。強引かつ執着まるだし攻に受け身だった受が自分から身を投げ出すまでがわくわくしましたね!面白かった(^^)

  • この禁じられた愛に

    【再読】強引すぎるくらいがちょうどいい

  • この禁じられた愛に
    ネタバレ

    この内容にはネタバレが含まれています
  • この禁じられた愛に

    敵対する家同士の御曹司が恋に落ちる話ですが、すごく良かったです。設定やストーリーが私の好みにドンピシャだった。お互いの立場に苦しんで足掻いて最後は好きな人と生きる幸せを選んだ二人に乾杯。ただ時々会話部...

    続きを読む
  • この禁じられた愛に

    敵対する財閥の御曹司たちの恋を描いた男版ロミジュリ。ただ、ジュリエットが強い(笑)季節の描写が印象的。夏の切ない逢瀬、冬の厳しい別離とか。確かに後半急ぎ足でしたが、私はあまり気になりませんでした。

セーフモード