軽き日本国憲法

白井聡/木村草太/今井一/小林良彰/週刊エコノミスト編集部

220円(税込)
1%獲得

2pt(1%)内訳を見る

    世論調査で半数以上が今国会での可決に反対する安全保障関連法案。憲法違反の可能性が高いとして、国会前で大規模デモも行われています。日本国憲法は本当に機能しているのか、論客が問題の本質に切り込みました。 本書は、週刊エコノミスト2015年7月28日号で掲載した特集「軽き日本国憲法」を電子書籍としてまとめたものです。目 次:はじめに・「永続敗戦国」の憲法に優先する米国 安保法制が示した二重の法体系・集団的自衛権は憲法73条でも違憲 政策論と憲法論の峻別が必要・解釈改憲が積み重ねられた9条 曖昧な“護憲”は国民投票で劣勢・長年放置されてきた「一票の格差」 政治が軽んじ続ける日本国憲法

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード