【最新刊】検証・安保法案:どこが憲法違反か

検証・安保法案:どこが憲法違反か

編:長谷部恭男

1,100円(税込)
1%獲得

11pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

最新刊を購入

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    安保関連法案のどこが憲法違反にあたるのかを読み解く。衆院憲法審査会で「憲法違反」の見解を示した長谷部恭男教授を編者に、元内閣法制局長官、元防衛省防衛研究所長、新進気鋭の憲法学者が、法案の問題点を指摘しつつ立憲主義のあるべき姿を追い求める。電子書籍版にのみ、資料として砂川事件最高裁判決も収録。 ※本電子書籍の既定の表示設定は、本文縦書き、資料の一部は横書きです。仕様により、横書き部分のページめくりが通常と逆方向(縦書きと同じ方向)になります。ご了承ください。

    続きを読む
    提供開始日
    2015/09/18
    出版社
    有斐閣
    ジャンル
    学術・学芸

    レビュー

    レビューコメント(1件)
    • 検証・安保法案:...2015/09/18Posted by ブクログ

      安保法案についてはかねてから関心がありましたが、反対派の人たちの意見にはにわかに頷きがたいものが多かったので、不満でした。
      たとえば「戦争法案、反対!」と言われても、個別的自衛権だけでも日本が侵略され...

      続きを読む

    セーフモード