【最新刊】中学受験理科の王道

中学受験理科の王道
1冊

著:鎌田浩毅 著:岸本利久

730円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    合否のカギは国語・算数じゃなく理科だった! 京大理系人気教授が理科学習の王道をお教えします。理科は暗記科目と思い込んでいませんか? じつは入試問題の理科には、合否のカギを握る解法のノウハウがあります。制限時間内に解く「時間の戦略」、出題者の意図を読む「他人の気持ちを推量する方法」、問題文のポイントをつかむ「長い話のなかで本質を見抜く力」、想定外の事態に困らない「危機回避能力」――もっとも典型的な化学の問題を通して、大人でも役立つ基礎知識と、楽しみながら考える術を本書が伝授します。【子どもに聞かれて答えられますか?】第1章 ロウソクはなぜ燃えるの?(気体の性質と燃焼)第2章 鉄はなぜ電気を通すの?(金属の性質とイオン)第3章 鉄はなぜ錆びるの?(酸素の性質と触媒)第4章 食塩はどれくらい水に溶けるの?(水の性質と溶解度)第5章 酸っぱい+苦い=しょっぱい?(酸・アルカリと中和)

    続きを読む
    提供開始日
    2015/09/18
    連載誌/レーベル
    PHPサイエンス・ワールド新書
    出版社
    PHP研究所
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    2
    3
    5
    0
    4
    0
    3
    1
    2
    1
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2012/11/14Posted by ブクログ

      中学受験の魅力を説く伝道書の性格が強い本であるものと思う。教科学習の解説よりも中学受験をするしないという入口で悩まれている方々には参考になる本であると思う。
      私も中学受験は社会人の底力となる重要な意味...

      続きを読む
    • 2011/10/21Posted by ブクログ

      タイトルにだまされた。中学受験理科と書いてあるが、実際に取り上げられているのは化学だけ。

      「はじめに」では著者がこの本で伝えたいことが挙げられているが、本書に収められている5問だけでは全く伝えるのに...

      続きを読む
    • 2011/10/01Posted by ブクログ

      「中学受験理科」いうタイトルの割に、扱っている内容は化学ばかり。その内容にしても化学式を使って説明……など、あまり一般的ではない。中学受験を考えている保護者向けにはお勧めできないかな。

    セーフモード