【完結済み】瞳子

瞳子

完結

吉野朔実

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

“明日は今日の続きじゃない。傷は癒える人は変わる、今日何が起こるかわからない。だからこそ人間関係は常に危うい。” ――そんなことを感じながら日々を送る瞳子(とうこ)は、大学を卒業しても働かない実家暮らしのプー太郎。父と姉は毎朝仕事に出るので、必然的に母と過ごす時間が長くなり…!? 他誌で活躍していた吉野朔実が『週刊ビッグコミックスピリッツ』で掲載を始めた、1980年代後半の流行を織り交ぜて描いた話題の連作短編集!

続きを読む
ページ数
213ページ
提供開始日
2015/09/18
連載誌/レーベル
ビッグコミックスピリッツ
出版社
小学館
ジャンル
青年マンガ

レビュー

3.6
10
5
3
4
2
3
4
2
0
1
1
レビュー投稿
  • 2007/05/25Posted by ブクログ

    吉野さんに対して油断を持ってしまった頃にこれを読んで、ガツンとやられてしまった。瞳子のような性格は、昔はもっと若い時代に体験したように思うけど、今はこの年なのか。

  • 2011/06/19Posted by ブクログ

    図書館で何気なく借りた、初めて読む漫画家の漫画。全部で6話。「俄か雨」は瞳子と母との話。「お葬式」は瞳子と父との話。この2つの話は思わず泣けた。

  • 2004/10/07Posted by ブクログ

    1巻のみ。

    中国茶とかイーノとかさりげなく出てくるのがマル。
    たまにはこのくらいゆっくり過ごしたい。

開く

セーフモード