【最新刊】招き猫神社のテンテコ舞いな日々3

招き猫神社のテンテコ舞いな日々

3冊

著者:有間カオル

671円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    東京の片隅にある小さな神社で、管理人として細々と暮らしている青年・和己。ある日のこと彼は、神社の所有者である伯父が入院したことを知る。重体だと聞き、急いで見舞いのために入院先の病院を訪れるものの、伯父の養子から「父が亡くなったら、神社を潰して、土地は売るつもり」と冷たく突き放されてしまう。ショックを受ける和己の頭には、神社に棲みついている化け猫たちや、神社を慕って通ってくれる松川さん、かしましい女子中学生たちのことがよぎるのだった――。果たして、神社は潰れてしまうのか……!?

    続きを読む
    提供開始日
    2016/10/25
    連載誌/レーベル
    メディアワークス文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸
    • 招き猫神社のテンテコ舞いな日々 全 3 巻

      未購入巻をまとめて購入

      招き猫神社のテンテコ舞いな日々 全 3 巻

      1,925円(税込)
      19pt獲得

    レビュー

    3.6
    25
    5
    7
    4
    5
    3
    10
    2
    2
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2020/01/02Posted by ブクログ

      「猫叱るより猫を囲え」
      取り返しが付かなくなる前に会いに来ることが出来たら。
      彼にも猫にも悪気は無く、ただ運が悪い事が続いてしまっただけなのだろうが悲しすぎるな。

      「猫は三年の恩を三日で忘れる」
      ...

      続きを読む
    • 2019/11/20Posted by ブクログ

      「猫なで声に油断はできぬ」
      ストーカーの様に日々見に来ていたのは過去に友人だった人物。
      当時解決方法が見つからなかったとしても、当人が裏切られたと思い続ける限り和解の道はないのだろうな。

      「猫は虎の...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2019/10/15Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード