イエロー・サブマリン(小学館文庫)

著:山際淳司

715円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。〈どうしてもっと楽しく野球をやらせてくれないのか〉高校生活最後の都大会準決勝で、田島光はそう思った。メジャーリーグへ行きたいと初めて考えたのは、そのときだった。光が単身渡米して夢に向かって第一歩を踏み出したころ、父・佐々木幸一はボストン・レッドソックスを日本企業に買収させようと活動を開始していた。大リーグを舞台に夢を追う父と子の成長と葛藤。野茂、吉井、伊良部らの活躍を予見した、長編野球小説。

    続きを読む

    レビュー

    • 2012/06/09Posted by ブクログ

       単身アメリカに渡ってメジャリーグを目指す主人公と、レッドソックスを買収しようとする父親のはなしが交錯……は、あんまりしない。野球を取り囲む状況の話なので、試合のシーンもそんなにない。タイトルのサブマ...

      続きを読む
    [{"item_id":"A001563939","price":"715"}]

    セーフモード