雪花の虎 6巻

東村アキコ

763円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

妹を守る。それが兄の“戦国”だった―― 天二十一年(一五五二年)、穏やかに一年の始まりを祝う景虎たち。戦乱が絶えぬ中、束の間の休息と思われたが、武田晴信(後の信玄)の軍師、山本勘助がはなった「草」が越後に潜入… その陰は、隠居中の景虎の兄・晴景の周辺にも忍び寄る。病弱、戦嫌い、家族想い。時代と立場を誤り、生まれてきてしまった心優しい人。景虎を女城主とし、陰ながら支えた彼にも、歴史に記されなかった戦いがあった。さらに、景虎に助けを求め、関東から招かれざる客がやってくる。いざ、新たな戦いへ―― 東村アキコが描く本気の大河ロマン。女・上杉謙信一代記、第6集!

続きを読む
  • 雪花の虎 全 9 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    雪花の虎 全 9 巻

    6,867円(税込)
    68pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

  • 2018/11/27Posted by ブクログ

    久しぶりに、感想を書かせていただく
    言い訳がましく聞こえてしまうかも知れないが、決して、この『雪花の虎』がつまらなくなった、と思っていた訳じゃない。ストーリーで、心に波が起きなくなった訳でもない
    傲慢...

    続きを読む
  • 2019/02/13Posted by ブクログ

    依然、絵は余り好きじゃないんだけど、やっぱり内容は素晴らしいすね。今回は仲良し兄貴との別れが描かれたりとか、ちょっとシリアス寄りだったけど、十分に魅せられました。そして次からはいよいよ信玄との直接対決...

    続きを読む
  • 2020/02/03Posted by ブクログ

    日本に帰国して何か漫画が読みたくて購入。昨夜寝ながら読んだ。絵が綺麗、わかりにくい歴史は最小限にして、わかりやすく面白い。心配なのが、5巻まだがまだ家にあるかどうか。。。売ってしまったか忘れた。

開く
[{"item_id":"A001916640","price":"763"}]

セーフモード