【最新刊】雪花の虎 7巻

雪花の虎
7冊

東村アキコ

749円(税込)
ポイント 7pt

第一次川中島の戦い、開幕。宿命の初対決! 天文二十二年(一五五三年)八月… 景虎は武田晴信(後の信玄)との初対決である第一次川中島の戦いの最中にあった。晴信が出方を窺い、塩田城に籠城する中、景虎はシロを影武者に立て、自軍を二手に分けて敵をかく乱する。しかし、晴信も軍師・山本勘助をはじめ、忍びを長尾軍に差し向け、景虎の狙いとその正体に迫るが……!? 大胆不敵な女と冷静沈着な男。計五回、約十二年にわたる戦いの始まりは、まるで恋の駆け引きのようだった―― 東村アキコが描く本気の大河ロマン。女・上杉謙信一代記、胸

続きを読む
ページ数
213ページ
提供開始日
2019/03/12
連載誌/レーベル
ビッグコミックスピリッツ
  • 雪花の虎 全 7 巻

    未購入巻をまとめて購入

    雪花の虎 全 7 巻

    5,243円(税込)
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

5
2
5
2
4
0
3
0
2
0
1
0
  • 2018/09/06もじばけ
    歴史に詳しくなくても理解して読める!

    人物や時系列が覚えられないという理由で昔から歴史が苦手なのですが、そんな私でも理解して進められます。また女謙信説の説得力が凄くて読んでて楽しいです。三十五話で泣きました。

  • 2016/03/11かくたす
    女上杉謙信

    この作者さんの歴史物かつ、上杉謙信が女だったらという設定にまず惹かれました。 沖田総司が女という設定の話は有名ですが、また違ったアプローチな感じです。 私は横山三国史ですとか時代小説だと藤沢周平氏の文...

    続きを読む

セーフモード