【最新刊】世界の超一流企業であり続ける GEの口ぐせ

世界の超一流企業であり続ける GEの口ぐせ

1冊

著:安渕聖司

850円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

    アメリカ株式市場の代表的な株価指数「ダウ平均」に、120年間、名を連ね続けている唯一の会社、GE(ゼネラル・エレクトリック)。驚くべきことに、同社の123年の歴史でCEOはわずか9人。しかも、ジャック・ウェルチ、ジェフ・イメルトをはじめ、9人のCEOはいずれも社内で育成した人材で、外部からプロ経営者を招聘してきたことは一度もない。そんな同社には、世界150ヵ国以上の事業拠点で、約30万人の社員が共通して日々「口ぐせ」のように使っている社内用語が数多くある。ワークアウト/ベストプラクティス/リーンシックスシグマ/セッションC/ネクストアクション/アシミレーション/VOC/CAP/CTQ……本書では、三菱商事、UBS証券などを経てGEに転職し、現在は同社の幹部で金融部門のトップを務める著者が、40ほどの社内用語を紹介しつつ、その背景にあるGEの仕事のやり方や企業文化を解説。経営者や管理職はもちろん、若手社員に役立つヒントも満載!

    続きを読む
    提供開始日
    2015/09/11
    連載誌/レーベル
    PHPビジネス新書
    出版社
    PHP研究所
    ジャンル
    ビジネス

    レビュー

    3.7
    7
    5
    1
    4
    4
    3
    1
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/03/05Posted by ブクログ

      私が勤めている会社を辞めてGEに転職した方や友人から聞いてきた内容を再確認。
      実際大した会社だと思います。
      若干宗教色を感じるので、自分の転職先としては考え難いけど、自分の上司がこんなだったらいいな、...

      続きを読む
    • 2018/12/20Posted by ブクログ

      vol.327 世界の超一流企業であり続ける秘密に迫る。http://www.shirayu.com/letter/2015/000662.html

    • 2018/07/06Posted by ブクログ

      「上司」、「部下」といった言葉が連発してでてきて、ヒエラルキー感が半端ない。琴線にふれる話題もなかった。お金を稼ぐビジネスマンとしては優等生なのはよくわかるも、人としてのすばらしさをこの本から感じるこ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード