【最新刊】トヨタ!進撃再開―週刊東洋経済eビジネス新書No.125

トヨタ!進撃再開―週刊東洋経済eビジネス新書No.125

編:週刊東洋経済編集部

330円(税込)
1%獲得

3pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

クーポン利用で【50%OFF】 165(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる50%OFFクーポン

獲得

年間1000万台以上を売る世界トップクラスの自動車メーカー「トヨタ」。2015年3月期のトヨタの営業利益は過去最高の2兆7000億円を見込む。 そのトヨタもリーマン・ショック後に4000億円を超える営業赤字や、米国での大規模リコール問題も経験した。豊田章男社長は、自動車産業で先頭ランナーである今、モデル企業もない時代に、世界マーケットへ向けどう挑戦を続けるのか。 本誌ではトヨタのグローバル体制構築を支える製造技術革新、驚愕のトップ人事、部品のメガサプライヤーへ向けた系列再編など「トヨタ4.0」の全貌を紹介する。 本誌は『週刊東洋経済』2015年5月2・9日合併号掲載の35ページ分を電子化したものです。●●目次●●「トヨタ4・0」世界販売1000万台を超えた新ステージPART1 トヨタ、充電完了! 最強企業の危機と再生7つの驚愕人事を読む 2015トヨタ大異動豊田章男の言葉力 化けた「三代目」【コラム】「ベンチャー伝説」こそ豊田家の求心力車部品メガ化への胎動 動き出す系列再編 トヨタ主導で独3強に対抗トヨタの競争力の源泉 ケイレツ再編の行方【対談】トヨタよもっと強くなれ! 清水和夫 × 中西孝樹    自動車業界のご意見番が辛口提言新興国攻略の切り札はダイハツとの共同戦線PART2 トヨタ「一極」経済 政府も頼る産業界の盟主今や財界の中核 自民との距離に腐心次世代車 覇者の選択 なぜ燃料電池車なのか視線の先には東京五輪 トヨタ主導の水素社会【INTERVIEW】 日本の製造業がトヨタから学べること  藤本隆宏●東京大学ものづくり経営研究センター長

続きを読む
提供開始日
2015/09/01
連載誌/レーベル
週刊東洋経済

セーフモード