【完結済み】小説家と家政夫【電子限定描き下ろし付】【単行本版】

小説家と家政夫【電子限定描き下ろし付】【単行本版】

完結

梶ヶ谷ミチル

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

フリーターの尚樹の新しいバイトは家政夫。ギックリ腰で倒れた祖母のピンチヒッターとして超有名小説家・仙石原元の元へ派遣されるのだ。始めは失敗続きだったものの、尚樹が作る料理を気に入った仙石原は、徐々に尚樹に慣れ始める。そんなある日、仙石原の元を軽薄な男が訪れ寝室に消える。ベッドが揺れる音を聞いた尚樹は、あからさまに動揺してしまい、それを見た仙石原から「自分はゲイだ」と伝えられる。ドギマギしてしまう尚樹に、仙石原はニヤニヤと笑い「ヒーヒー言わせてやる」と押し倒してきて!? クールな旦那さまが青年家政夫をエロティックにいじる雇用関係ラブ! ◆収録内容◆「小説家と家政夫」全4話/単行本収録描き下ろし/電子限定描き下ろし(おまけ漫画1P/ペーパー)

続きを読む

本作品には、一部過激な表現・描写が含まれていますので、ご購入はご自身の判断と責任において行ってください。

ページ数
205ページ
提供開始日
2015/09/18
連載誌/レーベル
moment

レビュー

  • 2014/07/28Posted by ブクログ

    楽しみにしていた梶ヶ谷さんの新刊♪ 可愛かった~ヽ(●´ε`●)ノ 35歳の売れっ子イケメン小説家による二十歳の凄腕ハウスキーパー育成物語…現代の光源氏だね。え、違う?

    ぎっくり腰になったベテラン家...

    続きを読む
  • 2014/10/08Posted by ブクログ

    肉食系小説家×家政夫、最初こそ馬が合わない二人ですが読んでいるうちに徐々に近づいてゆく過程が読んでいて無理がないというか、自然な感じがして良かったです。
    個人的に絵柄は全然違いますが純ロマみたいな展開...

    続きを読む
  • 2014/08/07Posted by ブクログ

    35歳小説家の家政婦をしていたおばあちゃんがぎっくり腰で入院。その代理にバイトで入ることになったが、まともに家事ができず、唯一得意がおばあちゃんの味と同じ料理をできることだった…ちょっと思ったより歳の...

    続きを読む
開く

セーフモード