【最新刊】事業担当者のための逆引きビジネス法務ハンドブック

事業担当者のための逆引きビジネス法務ハンドブック

著:塩野誠 著:宮下和昌

3,564円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。《ビジネス法務の決定版》こんな本がほしかった!!!現場のビジネスパーソンが押さえておきたい法律の基本を一冊に凝縮。「この案件、法的に問題はない?」上司や経営陣からそう聞かれる機会は多い。しかし、できることはといえば法務の担当部署に相談するか、インターネットで検索してみるか。どちらを選んでも、解決のときは意外に遠い。実は、「法的リスク」は多くのビジネスパーソンの日々の仕事に隣り合う課題なのである。アイデアはいいのに、法律問題の整理でつまづいてしまう。ビジネスについての深い知識や経験を持ちながらも、法律知識が追いつかず、スピーディな実行に至らない。そんな悩みに応えるため、本書では法律書ではじめて、“ビジネスシーンからの「逆引き」式”を採用!さまざまなビジネスシーンごとに、その状況下での法的リスクをとらえることが可能になる。●経営戦略のポイントを“戦略のエッセンス”として簡潔に紹介!●テーマごとのアウトラインを“法務チェックリスト”として利用できる!●リアルなビジネスに必要不可欠な“法令の条文”がわかる!●定評ある法律実用書・法律専門書の“リファレンスブック”としても活用できる!【ビジネスに潜む法的リスクをシーン別に把握】例1:新規事業の開発  誰かの知的財産権を侵害していないか? →特許法、商標法例2:業務の委託  その対価の定め方に問題はないか? →下請代金支払遅延等防止法例3:値上げ・値下げ交渉  不用意なやり方はカルテルとされることも →独占禁止法例4:プロモーション、ブランディング  その宣伝、よく書きすぎてはいないか? →景品表示法

    続きを読む
    ページ数
    435ページ
    提供開始日
    2015/09/04

    レビュー

    • 2020/07/08Posted by ブクログ

      企業法務に携わるにあたり、各事業フェーズで適用され得る法令・考慮されるべき法的留意点を解説する。本著の特長は、企業の事業・施策を類型化した上で、その各テーマに法的解説を加えていること。これは、普段から...

      続きを読む
    • 2020/07/08Posted by ブクログ

      ビジネス上の法務論点の整理ができる良書。参考文献も助かる。論点が分かれば、どういう専門家に相談すべきかが分かるはずだ。

    • 2020/07/08Posted by ブクログ

      過去読了分
      法務部門ではなく、新規事業担当、事業責任者、アライアンス担当、経営企画を""目指す""方にとてもオススメ。
      逆引きなのが地味に便利で、迷った時にさらっとみると助かったりする。

    開く

    セーフモード