【最新刊】憲法の力

憲法の力

伊藤 真

715円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    国民投票法が成立し、今後、憲法改正論議が活発化することは間違いない。世論調査では改憲容認派が過半数を超えると報道されているが、こと九条に限っていえば、「今のままでいい」という人たちも多数存在している。本書は、司法試験の受験指導で定評のあるカリスマ塾長である著者が、日本国憲法の特長や意義だけでなく、国民投票法、九条にまつわる議論についてわかりやすく解説。「今の憲法は捨てたものじゃない。憲法の力を見直そう」と語りかける。あなたの憲法論議のきっかけに、虎の巻に、本書をご利用ください。【目次】はじめに/第一章 このままで公正な国民投票ができるのか/第二章 美しい日本国憲法/第三章 そんなに九条を変えたいですか?/I 九条改憲賛成派の論理について/II 日本国憲法がめざす平和主義/おわりに

    続きを読む
    提供開始日
    2015/09/04
    連載誌/レーベル
    集英社新書

    レビュー

    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      伊藤塾塾長の憲法に関する話

      今年、憲法改正の国民投票法案が可決され、改憲の準備が着々と進んでいます。

      伊藤氏は、憲法調査特別委員会の参考人として憲法改正についての話をされたそうですが、そこでの...

      続きを読む
    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      漠然と憲法を勉強し、憲法のもつ意義とは何かというのをあまりよく考えていなかった。あらためて、小学校か中学校で初めて憲法の前文を読んだときの感動がよみがえった。理想を追求しようと、少なからぬ日本人が崇高...

      続きを読む
    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      (2007/11/12読了)
      法律の本なんて久々に読んだあ(汗)私も9条改憲反対ですが、そもそも条文を変更することを何故に「改正」というのか。「改悪」だってあるだろ。変えるという事実を示すだけのはずの...

      続きを読む
    開く

    セーフモード