燃えつきるまで

著:唯川恵

556円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    恋も仕事も順調だった三一歳の怜子は、五年付き合い、結婚も考えていた耕一郎から突然別れを告げられる。失恋を受け入れられず、苦しむ怜子は、最優先してきた仕事も手に付かず、体調を崩し、精神的にも混乱する。そして、友人の「好意」から耕一郎に関するある事を知らされた怜子は……。絶望から再生までを描き、誰もが深く共感できる失恋小説。

    続きを読む

    レビュー

    3.7
    128
    5
    20
    4
    61
    3
    41
    2
    5
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2020/01/17Posted by ブクログ

      たかが失恋、されど失恋。
      次があるなんて軽々しく言えないのは、31歳という年齢もあると思うけど、それだけ大きな存在だったということ。
      自分の半分が相手でできているって、こういうことかもしれない。
      みっ...

      続きを読む
    • 2019/11/22Posted by ブクログ

      恋の始まりに理由はいらない。
      2人の気持ちが同じならば。
      恋の終わりには理由がいる。
      どちらか片方だけの一方的な気持ちで。

      本気で恋して泣いた人なら共感できる部分は多いにあるだろうし分からんでもない...

      続きを読む
    • 2019/10/18Posted by ブクログ

      裏表紙のあらすじに騙された、、恋愛小説じゃなくてミステリーやんけ!
      元々の5年間、恋人よりも自分を優先してきた女が、ふられたという事実にプライドを傷つけられて全てにガタがくる、というストーリーだと思っ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード