知識ゼロからの日本の戦艦

監修:戸高一成 著:畑野勇

1,123円(税込)
1%獲得

11pt(1%)内訳を見る

    鋼鉄の浮かぶ城、全22艦。世界最強、不沈艦と称された旧帝国海軍の強者たち。日本の命運を賭して奮戦した、栄光と悲劇のメモリアル「大和」「武蔵」に始まる日本の戦艦の名前は、すでに失われた歴史上の事実にすぎない。しかし、明治維新以降、日本の近代化の中にあって戦艦の果たした役割は小さなものではない。呉市海事歴史科学館(大和ミュージアム)館長の戸高一成氏、軍艦建造の歴史に詳しい畑野勇氏による、日本の戦艦を知るための入門書。

    続きを読む

    レビュー

    3
    1
    5
    0
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/12/17Posted by ブクログ

      ●戦艦の基礎知識のほか、戦艦乗組員の日常生活や日本海戦史、戦艦の紹介など、戦艦以外にも関連する事柄も解説した本。

    セーフモード