子どものまま中年化する若者たち 根拠なき万能感とあきらめの心理

著:鍋田恭孝

836円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    幼児のような万能感や自己愛を引きずる。異性より親が好きで、いつまでも親離れしない。周囲には認められたいけれど、そのために努力するのは面倒で、日々ささやかに幸せに暮らせればいい――今、そんな、子どもの心のまま人生をあきらめきった中年のように生きる若者が増えている。なぜ先進国の中でもとりわけ日本で、このような変化が起きているのか? 子どもから青年までの若年世代を30年以上ウォッチし続けた精神科医による、衝撃のレポート。

    続きを読む

    レビュー

    2.9
    14
    5
    1
    4
    3
    3
    6
    2
    2
    1
    2
    レビュー投稿
    • 2019/11/25Posted by ブクログ

      情報疲労症候群と言う言葉もある。情報とは異なるが、快い刺激に対しても、量が多すぎると反応しなくなることが、幼児における実験でわかっている。

      自分から動くことが少なくなり、生理的な機能も弱まり、主体的...

      続きを読む
    • 2019/09/28Posted by ブクログ

      メモしたいところ
      親元から離れない現象:
      ・「インビジブル・ファミリー」:直訳すると「見えない家族」。親と子の世帯が歩いていける距離に住むのを「隣居」、片道30分以内にすむのを「近居」。こういった形態...

      続きを読む
    • 2019/08/17Posted by ブクログ

      現在の若者の特徴を、時代背景とともに説明している。 題名の”中年化”がネガティブな印象を与えているものの、現代に生きるために必要なものをうまく使っている若者達の良い面も指摘している。 
      すでに時代遅れ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード