名前のない星の物語

著者:藍沢季

627円(税込)

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    その世界では、ほとんどの人が≪名前≫を持たなかった。≪名前≫を持つためには多額のお金が必要で、大半は名無しのまま死んでいく。 ≪名付け親≫という職業につく少年・ニコルは、人々に≪名前≫を授けるために長い旅をしている。様々な国を訪れ、たくさんの人に出会い、ニコルは考える。彼らの人生にはどんな物語があり、そしてどんな≪名前≫が相応しいのか、と。 長い長い旅の中、ニコルは数々の≪名前≫にまつわる切なくも優しい物語に出会っていき――。

    続きを読む

    レビュー

    • 2017/03/19Posted by ブクログ

      自らのアイデンティティである名前を手に入れるのに、多額のお金を払うなんて自分の常識からすればありえないし、想像もできない。
      それにしてもニコルの知識の多さに脱帽。
      あんなに相手のことを考えてつけられた...

      続きを読む
    • 2014/09/16Posted by ブクログ

      おーもしろかったー!
      「名前」を持たない人たちの地上の世界を、空の上の「星たち」の目線で語られる物語。
      珍しいタイプだなと思った。
      物語を説明する文体で書かれるお話は多いけれど、この「星たち」は第三者...

      続きを読む
    • 2016/04/11Posted by ブクログ

      名前を持つ人が少数派の世界で、依頼を受けて名前をつける仕事をする少年の物語。
      名付けという仕事に真摯に取り組み、時に悩むニコルの姿が好き。相棒のセッタとのやりとりも聞いてて楽しいし、なんだかんだ仲いい...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001559255","price":"627"}]

    セーフモード