【最新刊】ネバー×エンド×ロール ~巡る未来の記憶~

ネバー×エンド×ロール

1冊

著者:本田壱成

649円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

最新刊を購入

カゴに追加

    この街は壁に囲まれている。 札幌を襲った天災から十六年、復興という名の再開発事業のせいで、街は高い壁の中にすっぽり収まっていた。 風変わりなその街で育った十五歳の少年・駆は外の世界への憧れを抑えきれずにいた。怖いもの知らずの彼は、街一番の秀才・勇夢と幼なじみの夏月を巻き込み、無謀すぎる脱出作戦を立てるのだが……。 そんな夏の日、放課後の屋上に“過去へ駆ける少女”が落っこちてきて―― !? 悩める彼らの運命が動き始める! 一人の少女が巡る三つの暦。 高い壁に秘められた小さな星のナゾを紐解く、青春ロスタイムストーリー。

    続きを読む
    提供開始日
    2015/09/03
    連載誌/レーベル
    メディアワークス文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    3.4
    17
    5
    1
    4
    8
    3
    7
    2
    0
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2016/09/06Posted by ブクログ

      ジャンル的にはラノベになるのだろう、年を取ったからか文体からして読むのが辛かった。一人称は書き手の腕がよくわかる。
      中の人も外の人も、結局何がしたいのかよくからなかった。そして駆は格好つけているが、本...

      続きを読む
    • 2015/07/03Posted by ブクログ

      城壁に囲まれた街に住む幼馴染達。
      彼らの前に、突如として女の子が現れたのが
      すべての始まりだった。

      壁の向こう側はそういう落ちかと想像した通りでした。
      そこに至るまでが、ぐるぐるしているだけで。
      ...

      続きを読む
    • 2013/10/05Posted by ブクログ

      「時空超越」「終末」。
      SFの中でも最も魅力的(と勝手に思っている)モチーフがふたつも盛り込まれている。
      しかも、センチメンタル青春仕立てで味付け。わたしきっとこの作者の方と美味しいお酒が飲めると思う...

      続きを読む
    開く

    セーフモード