【最新刊】レヴィナスを読む ――〈異常な日常〉の思想

レヴィナスを読む ――〈異常な日常〉の思想

合田正人

1,320円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    世界大戦・革命・ユダヤ人虐殺という危機的状態を経験した現代人の運命と向き合い、他者について、責任について、独自の思想を紡ぎだした現代フランスの思想家エマニュエル・レヴィナス。本書は、“20世紀の証人”とも称されるその思想の核心を、レヴィナス研究の第一人者である著者が紹介しながら、フッサール、ハイデガー、スピノザ、サルトルら他の思想家とも比較。慢性的な疲労とストレスに満ち、出口とてない現代という異常な時代にあって、「隣人」という難題を抱えて生きるための、新たな倫理を探る。

    続きを読む
    提供開始日
    2015/08/28
    連載誌/レーベル
    ちくま学芸文庫
    出版社
    筑摩書房
    ジャンル
    学術・学芸

    レビュー

    • レヴィナスを読む...2011/09/20Posted by ブクログ

      出だし取っつき易く快調に読み進めていたのだが、博覧的に各種思想が引き合いに出され、当方がほとんど初心者であるレヴィナスそのものを見失い始めた段階から俄然難解な印象に。後半はとても「読めた」とは云えない...

      続きを読む
    • レヴィナスを読む...2019/02/24Posted by ブクログ

      書物の浜辺◆境界の思考◆孤独というドラマ◆他者とは誰か◆家政術と商人術◆界面の倫理

      著者:合田正人(1957-)

    セーフモード