【最新刊】あの日、マーラーが

あの日、マーラーが

1冊

藤谷治

1,320円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    2011年3月11日、とある演奏会が開かれようとしていた。演目はマーラーの交響曲第5番。しかし14時46分、世界の風景が一変する。震災による混乱の中、それぞれ事情を抱えた楽団員や観客らが選んだ行動とは……。実話を基に人と音楽の関わりを見つめる長編。

    続きを読む
    提供開始日
    2015/08/28

    レビュー

    3.5
    14
    5
    1
    4
    7
    3
    5
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/06/05Posted by ブクログ

      2011.3.11
      あの地震の日、開かれたオーケストラ会場に集まった数人の登場人物たちのサイドストーリーを描いた作品。テーマが重いのに対し、内容は少し薄く感じた。

    • 2017/10/25Posted by ブクログ

      オケについて、マラ5について、フィクションとは思えないほどのリアル感のある描写。複数の登場人物たちがマラ5を通して間接的に繋がる話で、それぞれの関係は希薄なので淡々と進んでいく感じ。フィクション要素(...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2017/10/23Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード